• ホーム
  • 射精障害の治療に使われる物

射精障害の治療に使われる物

黄色のカプセルと葉

射精障害の人に見られる傾向と射精障害の治療に使われる物についてお伝えします。
射精障害とは、その名前のとおり、射精するという行為がうまくできない状態にあることをいいます。
さらに詳しく分類すると、射精障害には、膣内射精障害、遅漏(ちろう)、早漏などがあります。
膣内射精障害とは、いわゆるマスターベーション(自慰行為)では射精できるけれど、性交時に膣内で射精できないという状態を指します。
ある大学病院のデータによると、不妊症で病院を訪れた男性患者549人のうち46人が何らかの射精障害の症状を訴え、さらに、そのうちの16人が膣内射精障害だったということです。
近年では、中高年のみならず、若い男性でも射精障害の症状で悩む人が増加傾向にあり、潜在的な患者数を考えるとそうとうな数にのぼると推定されます。
膣内射精障害がおこる原因としては、マスターベーションの際、ペニスを床に擦り付けたり、強く握ったりと強い刺激によって射精をすることに慣れてしまい、結果として膣内の刺激に違和感を感じるようになり、射精しにくくなっていることが考えられます。
次に、早漏、遅漏ですが、これは射精のタイミングをコントロールできない状態のことを言います。
早漏は、気分が落ち着かないときや、短時間のマスターベーションに慣れていることなどからおきやすく、遅漏の場合は、膣内射精障害のケースと同じように、普段のマスターベーションでペニスに強い刺激を与えることに慣れていることなどによって起きるケースが見られるようです。

サイト内検索
人気記事一覧
最近の投稿